天気:雨
路面:ウェット
台数:27台

昨年から新型コロナウイルスの影響で、毎回無事に開催できるのか心配しながら企画しておりますが、無事にクヌギランナー2021の開幕となりました!

直前でいくつかの地区で非常事態宣言が発表され、九州地区では福岡県が3月まで延長となった影響も心配されましたが、大盛況の27台で良いスタートを切れました。

ただし…1週間前には晴れのち曇りだった天気予報が、3日前には怪しくなり、前日には見事な雨予報。

寒くないのが救いですが、路面コンディションはイマイチなので、タイムには期待出来そうにありません。

まあ、今年も一本クヌギスピードウェイは継続して営業する事が決まっているので、まずは開幕戦として盛り上げていきましょう!

 

■初戦から絶好調!

現行モデルのスポーツカーを差し置いて猛威を奮い続けるS2000を抑え、今回トップに立ったのは、jigakiさんのアバルト・124スパイダー!

タイムアタックを意識し過ぎてドライコンディションに振っている常連さんが多いので、雨の日なら勝てる可能性はグッと上がる…でしょうが、そんな単純な話ではない。

なんと33秒753と、晴れの日でも十分上位争いに加われる驚異的なタイムを記録して気分よく初戦を飾りました!

ホントにウェットかよ!?と驚かされる記録ですが、比較的暖かい気温だったので、ウェットを恐れずSタイヤを選択したのは正解かもしれませんね。

 

際どく及ばなかったのが最近好タイムを連発しているだるまんさんのS2000。

今回もこのコンディションの中33秒769と言う好タイムを記録していますが、僅差で2位と言う結果に。

なかなか太いタイヤでウェットを攻めるのは難しく、1本目の記録はなかなかサービスしてくれましたね、と言った感じ(笑)

しかし、好タイムを記録した2本目では、敢えてドライに近い空気圧まで下げてアタックした様で、案外見掛けの割に路面コンディションは悪くない?

確かに、私も1本目が微妙だったので2本目で空気圧を下げたら好感触だったんですがね、私の場合は活かせず僅かな更新に留まりました。


■初参加のメンバーが熱い!

今回も初参加の方が多いですが、結構熱いですよ!

RX-8でエントリーのはちりやさん。

既に何度かクヌギを走行されている様で、何名かの常連さんとも会った事はあるそうですが、クヌギランナーに参加するのは今回が初めて。

若い方の車って結構ストイックな車が多いですが、こちらのRX-8も内装が車上荒らしにでも遭ったかの様なドンガラ仕様と気合入ってます!!(笑)

しかし驚くのは内装ではなくタイムの方ですよ!

なんと、初参加のウェットコンディションでいきなり34秒台を叩き出し、常連さんを抑えてトップ争いに割り込む大健闘を見せてくれました!こりゃすごいっ!

 

こちらはなんと昨年末のリクエストに応えてエントリーして下さった、とーりょうさんの新型トヨタ・スープラ!

とーりょうさんは初参加ではありませんが、しばらくブランクがあったのでコースは覚えているでしょうか?

1本目のアタックでは、スープラのスポーツ走行が初と言う事で慎重に探っていましたが、2本目のアタックはペースを上げて35秒台を記録。

イメージとしてはマッスルカーだとか、グランドツアラーと言った位置付けに思えますが、タイトコーナーも結構クイックに曲がっているので、ジムカーナでも十分通用しそうですよ!

 

こちらはアルトワークスでエントリーのころかんさん。

非常に安定した走りで派手さはないですが、モニターを見るとなんと36秒半と言う好タイムでキビキビと走り回る!!

なんと!ですよ、初参加でこの好記録、車種別ランキングで3位と言う記録も驚きですが、過去にクヌギランナーにエントリーした現行ワークスの最速タイムです!

未だに古いワークスの方が軽いしパーツも豊富だから速いと仰る方もいますが、もうそんな事も言ってられないくらい追い詰められたんじゃないでしょうか?(笑)

今後、ドライでどれくらい伸びるか注目です!

 

こちらはオプティでエントリーのかっとびR&Rさん。

実は昨年末のクヌギランナーにもエントリーされていたのですが、フリー走行中にオイル漏れが発覚しリタイアとなっていました。

今回はバッチリ修理も完了して、初アタックの記録は37秒前半とまずまずの好タイムです。

昔は良く見掛ける車種でしたが、最近はかなり少なくなった印象です。

トランクの付いた4ドアセダン型の軽自動車と言うユニークなデザインの車です。

 

こちらはしゅうさんのミラ。

ミラも昔のスタイルと違い、ムーヴの様に背の高いワゴン型となりましたが、アルトなどもそうである様に最近の主流ですね。

こちらのミラはターボが付いていないのでパワーもなく不利な車種ですが、ウェットでも41秒フラットで走っているのでなかなかいい感じですよ!

足回りのセッティングがちょっと気になりますが、バネが柔らか過ぎて車高が下がっているのかと思ったら、短いショックに固いバネで伸びきり状態だそう…(笑)

セッティングのノウハウや好みは分かれるところですが、少し見直すとタイムは飛躍的に伸びそうな印象ですね!


■恵まれない子にチョコを寄付してくださった天使たち(笑)

みなさん!クヌギランナー第1戦の当日は2月14日!

世間ではバレンタインデーと呼ばれているカトリック教会の祝日ですが、なんと日本ではチョコレートが貰える”かもしれない”日なんですよ。

ご存知でしたか?

今回、チョコを見た事がないかもしれない不幸な方々のために、ご用意してくださったお二人をご紹介しましょう!

次回お会いしたら是非お礼を言ってくださいね♪

 

こちらはだるまおじさまのビート。

鬼の様にキレた走りを見せてくれるクヌギの名物車両の1台となっておりますが、当日は天使の様に見えたのではないかと思います(笑)

ビートはご存知の通りNAエンジンの車ですが、ターボ勢を脅かすタイムを記録しています。

今回はウェットながら36秒半と、当日の軽自動車中2番となっておりますが、S660ののり@S660RAさんに0.1秒以内まで迫る!

なかなかベスト更新には至りませんが、毎回好記録を連発して驚かせてくれます。

 

こちらはアルトワークスでエントリーのさわこお嬢さん。

最近は安定して37秒台を記録し始めたので、段々と車の不満な部分なども見えてきた様です。

デフは入っていないので立ち上がりがきつそうですが、最近はトラクションコントロールが気になる様子。

ころかんさんから怪しい装置(笑)を借りてESP-OFFで2本目のアタックに臨みますが、残念ながら記録は更新出来ず。

しかし、制御をOFFにした事で何か得た様なので、次回以降に期待しましょう!


■レイン・キングに認定

私、何故かオートポリスに行く度に雨や霧に見舞われて、あのコースをドライで走った事が一度もないのですが…。

雨男だなんてレッテルを貼られそうですが、どちらかと言うと何かのイベントや旅行なども悪天候の予報も跳ね返して快晴なんて事が多いので、雨に好かれてはいない…と思う(笑)

クヌギランナーの常連さんには雨男の疑いのある方が何名かおられますが、誰が一番雨を連れてくるでしょうか?(笑)

そりゃもう、そうたさんしかいないでしょ!!

なんと、エントリーする度に雨ばかり引くレイン・キングは彼だ!

自分で連れて来た(笑)雨を味方に付けてシビックTypeRが猛威を奮うのかと思いきや、ハイパワーFFに苦戦してなかなか本領発揮出来ない様子。

今回は37秒フラットでしたが、自己ベストは36秒前半なので、ドライなら35秒台も届きそうなだけにウェットは残念。

なかなか晴れを引けないのでそろそろベストコンディションで走らせてあげたい!(笑)

しかし、雨でも遠慮なく踏み込む度胸はなかなかですよ!

 

■三菱・GTOをご存知?

こちらは54GさんのGTOです!

三菱が過去に生産していた車ですが、若い方はご存知でしょうか?

迫力あるワイドボディにペタペタのローシルエットで、フェラーリやホンダ・NSXなどのスーパーカーを彷彿とさせるデザインですが、販売当時の位置付けはどんな感じだったのでしょうか?

聞いて驚く方もいますが、なんと4名乗車です!

加えて、駆動方式がMRっぽいデザインでありながらFFベースとなっており、兄弟車を含め前輪駆動と4WDのラインナップがある車。

上位グレードの4WDターボは、当時はもちろん現代でもかなりのハイパワーに分類される車ですが、最大の弱点がそのサイズ感と、NAの軽量モデルでも1600kgを超える車両重量。

クヌギのショートコースだと、ストレートは速いですがタイトコーナーが少々きつそうに見えます。

バブル期を飾った車と言うだけあって、当時は日本車で初採用された最先端を行く装備もあり、代表されるのが前後の可変スポイラーや可変エキゾーストシステムなど。

比較的マイナーな車種ですが、現代の車に影響を与えた偉大な車なんですよ!


■参加車両紹介

けいいちさん/インプレッサ

Ryoさん/BRZ

組長さん/86

ユースケ/RX-8

MONOさん/フェアレディZ

ジャギ様/86

サキガケさん/S2000

JUNさん/RX-8

のり@S660RAさん/S660

佐藤空気感さん/ロードスター

ウリさん/インプレッサ

もりもとさん/カローラ

銀ビートさん/S660

Shyumarshallさん/S660

島さん/アルト

ワタルさん/インテグラTypeR

■リザルト

今回も開幕戦から沢山のご参加ありがとうございました!

非常事態宣言で参加を自粛された方も何名かおられたので残念ですが、次回までに状況も落ち着き再会出来る事を願っております。

昨年から新型コロナウイルスの報道ばかりで憂鬱な日が続き、ライフスタイルにも大きな変化が見られますが、音楽のコンサートと違い走行会のオンライン開催は出来ませんので、なんとか安全に集まれる様に工夫して開催していきます。

次回は4月中旬を予定しておりますので、また沢山のご参加よろしくお願いします!

クヌギランナーでは台数も多く、イベント進行などもあるためなかなか一人一人とゆっくりお話しする機会がありませんが、少人数で集まる平日練習会を不定期で開催しておりますので、クヌギランナーのSNSFacebookページも時々覗いてみてください!

尚、当日にお配りした参加賞のチョコレートやお菓子は、イベント協賛の(有)木下部品様と、常連のさわこさんよりご提供頂いております。

(有)木下部品様は大分市内で自動車部品や用品、工具などを販売している会社です。

上記のリンクからGoogleMapsで確認出来ますので、是非近くを通り掛かった際はお立ち寄りください。

イベントにご協力くださった一本クヌギ・スピードウェイ様、(有)木下部品様、ありがとうございました!

 

■イベント協賛

(敬称略 順不同)


関連記事