天気:晴れ
路面:ドライ
台数:26台(内2台はタイヤ・車両変更)

前回は一部の県で非常事態宣言が発表されたりと、開催前にヒヤヒヤする展開でしたが、今回は何事も無くスムーズに開催となりました。

週間天気予報では雨となっていましたが、開催直前で雨の予報は月曜日へズレ込み、当日は晴れ!見事にベストコンディションの日を引き当てましたよ♪

恐らくこの時期が気温や路面温度のバランスも良く、最も好タイムを出し易い季節だと思うので、参加した人はラッキーですねえ(笑)

参加台数は少し減って24台となっており、2台は2ヒート目でタイヤ交換によるクラス変更と出走車両の変更があり、計測台数は26台となっております。

さあ、今回は前述した通り、最高のコンディションとなっているはずなのですが、1枠目のフリー走行から帰って来た常連さんが「今日はなんだか凄く走り難い」「1コーナーの進入速度がいつもより遅い」などとコメントされていました。

見掛けのわりに、砂でも散ってて路面の状態が悪いのかな?なんて思っていたのですが、良く見るとホームストレートの後半から1コーナー前にかけて、さり気なく障害物が増えてコースが狭くなっているではないか!

いや常連さん、気付いてよ!(笑)

慌てて片付けていつものコース状態に復旧すると、3枠目のみなさんは”生き生き”と走れた様子でした。

さて、準備運動が済んだらお待ちかねのタイムアタック開始ですよ!

■また会う日まで…

1998年から続いているクヌギランナーも、私が主催を引き継いでから来年で20年となります。

個人主催のイベントとしては、かなり長寿なイベントですが、これも常連さんや、新たに加わってくれるみなさんのお陰です。

長い事主催を続けていると、今までに参加者の方や見学の方も含め数えられないくらい多くの方と出逢いましたが、それと同じくらい別れも多いです。

そしてまた、今回は常連のジャギ様が事情により最後の走行となりました。

車両はATのトヨタ・86となりますが、これまでにMTにも負けない走りを見せてくれました。

最近ではスポーツカーの選択にATを選ぶと言うのも全然”あり”な時代ですし、ATのスポーツカーに乗っている人たちの目標にもなっていた方の一人ですよね。

本日のタイムアタックの結果は34秒695と、自己ベストには及ばなかったものの、かなり近いタイムを叩き出して納得のラストランを飾れたでしょうか?

この車が見れなくなるのは寂しいですが、またコースへ戻って来る事を願ってお待ちしておりますよ!

またお会いましょう!

 

■NDロードスターのポテンシャルに会場騒然

未だに新型ロードスター…などと紹介している記事も多いですが、もう発売されてから6年も経ちます(笑)

現行は既に後期に差し掛かっており、次期NEロードスター?の噂もチラホラ聞かれるようになりましたね。

現行のNDロードスターは1.5Lか、ハードトップモデルのRFに採用されている2Lの選択肢がありますが、どちらも数値上は控え目な車。

同クラスのライバル車種と比べたらかなり速い車だと思いますが、総合ランキングの様な無差別級バトルでは上位争いに加わる事は難しいでしょう。

…果たしてそうだろうか?

その疑問に対する答えがここにある!

ともひさんは、NDロードスターで二度目の参戦となりますが、今回の記録は驚異の33秒602!

激戦区の車種別ランキングで、旧型の1.8Lや2LのNC型を抑えて、いきなり最速タイムを更新しちゃいました。

このタイムを見た何名かの参加者の方が「あのロードスターは結構チューニングされているんですかねえ?」と興味津々のご様子。

そうでしょう。そう思いたくなるのも頷ける好タイムですが、この車両はなんとジムカーナ仕様のPN車両です。

公式戦の車両規則による制約があり、主要部分はショックとデフくらいしか交換が許されないクラスなのでで、単なるオシャレのつもりでもマフラーやエアクリーナー交換さえNG、ECU書き換えなど当然NGです。

つまり、限りなくノーマルに近い車でどれくらい戦えるのか、目安を知るのに最適な参考車両となるわけですが…ドライバーのレベルが高過ぎて参考にして良いのかどうか(^^;

しかし、頑張ればパワーに頼らなくてもこれくらいで走れる”可能性がある”ぜ!と言った希望は得られました(笑)


■うわさのシバタイヤ

最近SNSで話題になっているシバタイヤを投入してきた参加者がいました!

比較的安価で、マニアックなサイズも多いので旧車やカスタムカーオーナーの救世主と言ったイメージですが、スポーツ走行にもバッチリ対応出来るとか。

しかし、意見は割れる(笑)

1人はBRZに履かせてきたとしエボさんですが、タイムはイマイチだとか。

フィーリングはかなり良いそうで、コントロール性も良く、好タイムが出てそうな手応えはあるそうですが、実際のタイムはあれれ…?と言った感じ。

何か、ディレッツァZIIIもそんな印象を受けるタイヤでしたが、最近のラジアルの主流なんでしょうか?

ただ、価格を考えると悪くはないんじゃないかな?と思いますが、どうでしょう。

 

もう1人はカローラで参加のもりもとさん。

なんと自己ベスト更新して、としエボさんにも迫る好タイムを記録!

フィーリングなどについての詳しいコメントはありませんでしたが、グリップも良く、ご覧の通りタイムも更新出来ているので、結構良いタイヤですよとの事です。

普段どんなタイヤを使っているのかにもよりますが、大手メーカーのスポーツラジアルにも匹敵する一定水準はクリアしているのかな?と言った印象ですね。

そう言えば、最近ネットのニュースで見ましたが、シバタイヤにSタイヤがラインナップされる予定だそうです。

安い!使い放題!みたいなSタイヤ登場に期待度は高いですが、果たしてどんなタイヤが出てくるのか、ちょっと楽しみですね。

 

■暴れる軽自動車(笑)

今回もまたまた変わった車のエントリーがありました。

街では星の数ほど見掛けるのですが、サーキットのコースを走り回る姿を見る機会は少ないのでは?と言った車種。

まずはお馴染み、サーキットでも良く見掛ける車種ですが、常連のさわこさんが乗るアルトワークス。

ひええ~!( ̄∀ ̄;

時々、タイトなコーナーで浮き上がる挙動を見せる事はありましたが、最近はどんどんアグレッシブになってきている様子で、この日は3、4回ほどヒヤヒヤする場面に遭遇。

しかし、まるで気にしていない様子で、着地後は何事も無かったかの様にアクセル全開で走り出す。

これはそろそろ、ラインか足回りのセッティングを見直した方が良いかも?(笑)

 

こちらはラパンでエントリーの島さん。

アルトが故障と言う事でラパンでの走行となりましたが、アルトと違ってこちらはターボモデルなので、パワーではこちらの方が有利か。

これがノーマル足の動きなのか、凄いノーズダイブ。

倒れそうな危うい動きはないものの、コーナーもストレートもぐにゃぐにゃです(笑)

30万km走行と言うご老体に、容赦なく鞭を入れる走りは圧巻で、40秒フラットの記録を叩き出してきました。

そうそう、修理中のアルトですが、今度は修理ついでにターボ付きのエンジンを丸ごと乗せる予定との事なので、復活後の走りは注目ですよ!

 

こちらは今回唯一の初参加メンバーである、まもるさんのAZワゴン。

スカイラインでエントリーされていましたが、故障のため急遽車両変更での参加となりました。

ご存知の通り、マツダのエンブレムが付いていますがスズキのワゴンRのOEMですね。

足回りはノーマルの様で、ぐにゃぐにゃとロールもピッチングも大きくクイックさはありませんが、島さんのラパン同様に粘るので見掛けの割に危うさは感じません。

NAエンジンですが難なく42秒台で走っているので、意外と軽ワゴンもイケるのでは?

だって、プリウスとほとんど変わらないタイムですよこれ!(笑)

とは言え、トールワゴン系はどうしても不安定な構造になりますので、無理のない範囲で気を付けて走りましょう♪


■アクセラで目標達成!

アクセラで34秒台は無理!なんて多くの方に言われていましたが、最近のタイヤの性能は侮れないですよね。

車のセットアップが家のがらくた箱に転がっていた余り物の部品や安物の寄せ集めで、持て余すパワーばかり先行して直線さえまともに走らない車でしたが、ハイグリップタイヤを履かせた後から随分ましな動きになりました。

危うい動きにも慣れて来た辺りで、ここは一発決めておきましょう!

とは言え、久しぶりに走らせると加速が凄すぎてビビッてしまい、ブレーキングは早いしシフト抜けの症状もまだ改善されていないので安定感はありません。

それでも35秒前半は普通に出せる様になりましたが、なかなかあと少しが難しい。

1ヒート目に1本だけギリギリ34秒台を達成できましたので、今回はこれでOKとしましょう!

しかし、タイヤの摩耗も激しいので、新品タイヤやSタイヤと言う奥の手がまだ残っているので、もう少し伸び代はありそうですよ♪

3周目の後半から急激にブレーキの利きが悪くなるので、ちょっとパッドは見直した方が良いかもしれませんね。

スペックだけ見れば、最近猛威を奮っている現行スイフトスポーツを上回るポテンシャルは秘めていそうですが、果たして追い付ける日は来るのでしょうか?(笑)


■参加車両紹介

だるまんさん/S2000

サキガケさん/S2000

じゅいちさん/スイフトスポーツ

黒っちさん/スイフトスポーツ

けいいちさん/インプレッサ

からあげ君/RX-7

Ryoさん/BRZ

MONOさん/フェアレディZ

組長さん/86

ウリさん/インプレッサ

ダイシンさん/S2000

とーりょうさん/スープラ

のり@S660RAさん/S660

Shyumarshallさん/S660

ミッピーさん/スカイライン

■リザルト

今回はほぼ常連さんなので、イベント進行も楽々でした♪

ご覧の通り、リザルト上でも車種毎に大体近いタイムで固まっている様子ですね。

とーりょうさんの新型スープラへの注目、Ryoさんが遂に33秒台を達成したり、サキガケさんの車が故障でからあげ君のRX-7を借りて出走したりと言った見どころもありましたが、軽ワゴン勢の大暴れもなかなかの迫力でした(笑)

そうそう、余談ですが…前回チョコレートをくれた2名へお礼に持って行ったキャンディに興味津々だった方もいましたが、カベンディッシュ&ハーベイと言うメーカーで、キャンディと言えばイギリスのシンプキンかドイツのカベンディッシュかと言うくらい有名です。

シンプキンならチョコレートミント、カベンディッシュならバタースコッチがお勧めです。

興味のある方は是非(笑)

今回も沢山のご参加ありがとうございました!

次回は6月上旬~中旬を予定しておりますので、また沢山のご参加よろしくお願いします!

クヌギランナーでは台数も多く、イベント進行などもあるためなかなか一人一人とゆっくりお話しする機会がありませんが、少人数で集まる平日練習会を不定期で開催しておりますので、クヌギランナーのSNSFacebookページも時々覗いてみてください!

尚、当日にお配りした参加賞は、イベント協賛の(有)木下部品様よりご提供頂いております。

(有)木下部品様は大分市内で自動車部品や用品、工具などを販売している会社です。

上記のリンクからGoogleMapsで確認出来ますので、是非近くを通り掛かった際はお立ち寄りください。

イベントにご協力くださった一本クヌギ・スピードウェイ様、(有)木下部品様、ありがとうございました!

 

■イベント協賛

(敬称略 順不同)


関連記事