天気:曇り時々雨
路面:ドライ
台数:13台(内1台は同一ドライバー)

今年のクヌギランナーも開始早々、大盛況です!
他のイベントとスケジュールがかぶってしまい、一部の常連さんが欠席となりましたが、MONOさん率いる朝駆改のRX-8勢や、遥々栃木県からこんな小さなイベントに駆けつけてくれた、ビート乗りのえもnさんなど、初参加のみなさんに盛り上げて頂きました!

そしていよいよ、クヌギランナーのランキング登録台数も100台を突破!
この調子で200台を目指しましょう♪

■コンディションは良好に見えるが…

イベント開始直後は小雨が降っており、セミウェットでの練習走行。

しかし、タイムアタックを開始する頃には、路面のコンディションはほぼドライとなり、かなり期待出来そうな予感です。

にも拘わらず、トップランナーとしてデモンストレーションを兼ねての走行ですが、タイムが思ったほどよろしくない。

直前でのセッティング変更もあったので、慣れないだけか?と思っていたのですが、続く参加者のみなさんもタイムを見て首を傾げる(笑)

どうやら、前日の土砂降りの雨が影響して、路面に砂が浮いているとの事。
実際、足元をすくわれて、1コーナーでコースアウト気味になる車両も…。

見た目以上にシビアなコンディションでしたが、簡単に言い訳させてくれないのが、いつものお二人!

Sタイヤでのアタックではありますが、2台ともバッチリタイムを叩き出して来るので、これはやはり腕の差なのか!?(笑)

 

■RX-8が突然ブームに!(笑)

今回、クヌギランナー初参加の朝駆改のメンバー。

当日の会場にはなんと計5台のRX-8が並ぶと言う、結構珍しい光景が見られました。

1台は見学となりましたが、3台のRX-8がエントリー。

やはりここは先輩ドライバーとして意地を見せたいMONOさん。
タイムは、初参加でバッチリ35秒台へ乗せてくるなど、なかなかの好感触です。

それを追う、ジュンPさんは同じオーロラブルーの後期型。
やっぱり、色も形も同じだとどうしても意識しちゃいます(笑)

そして、期待の掛る初心者ドライバーのまさみちさん。
なんと、スポーツ走行では珍しい、ベースグレードとの事。

ハイパワーモデルのTypeSや後期RSの9000rpm回るエンジンに比べると、どうしてもインパクトに欠ける7500rpmのリミットとなりますが、実はスタンダードモデルの方がトルクがあると言う事実に加え、軽いと言う隠されたメリットも。

シフトポイントの違いが気になりますが、乗りこなせばショートコースでは有利となる可能性もあるので、今後の走りに期待です!

 

■今回の見所は、軽自動車のタイマンバトル!

今回、初参加のえもnさん。
な、なんと栃木県から遥々お越し頂きました!

こんな小さな個人主催のイベントにご参加頂き、有難う御座いました!

是非、また遊びに来て下さい。
”また”お越し下さいね(笑)

もちろん初の一本クヌギ走行ですが、練習走行でコースを覚えて頂き、1本目アタック。

先手のとーりょうさんが、まず1本目のアタックでベストラップ38秒189を記録。

続くえもんnさんも、自信満々でアタックするも、38秒725と、約0.5秒ほどとーりょうさんに及ばず。

ここでまさかの宣言が!

「プレオに負けたら、ビートを捨てて徒歩で帰る!!」

この気合十分な宣言で、みんなの熱い期待が、えもんnさんの徒歩帰宅にかかります!
あ、いや、タイムに期待がかかります(笑)

2本目のアタックでは、とーりょうさんが1周目で38秒8、2周目で38秒3…
出ました!1本目の記録を更新して38秒063!

そして注目のえもnさんがアタック開始。

38秒4…38秒4…

終わった。徒歩帰宅が決定である。
みんながそう思った時に奇跡が起こる!!

37秒835!

とーりょうさんを、約0.2秒抑えて徒歩帰宅を見事回避!

手に汗握る、熱いバトルでした(笑)

 

■参加車両紹介

けいいちさん/インプレッサ

だるまんさん/インプレッサ

からあげ君/ロードスター

ユースケ/RX-8

元どらねこ31fwさん/カプチーノ

河村さん/プレオ

 

■リザルト

寒い中、沢山のご参加有難う御座いました!

今回のイベントで、登録台数が100台を突破しましたので、記念イベントを企画中です。
また、詳細が決まり次第報告を行いますので、沢山のエントリーよろしくお願いします!

 

■イベント協賛

一本クヌギ・スピードウェイ 一本櫟ファーム

JAFモータースポーツクラブ・セクト

(敬称略 順不同)


関連記事