天気:晴れ
路面:ドライ
台数:24台

なかなか新型コロナウイルスが終息しない中、ギリギリまで開催するか中止するか迷っておりましたが、今回も感染防止対策を行う事で開催を決定。

暑い中、マスク着用などご理解とご協力を頂き、ありがとうございました!

開催当日の前後は悪天候の予報となっており、そもそも台風直撃で中止になるのではないか?などとヒヤヒヤしておりましたが、見事に晴れの日を引き当てた感じです(笑)

ただし、暑くて見掛け以上に過酷なコンディションでした。

今回は直前でのキャンセルもありましたが、参加台数は24台といつも通りの大盛況です!

 

■話題のコンパクトスポーツが猛威を振るう!

ジムカーナの主力として話題になっている現行スイフト・スポーツですが、ここ、一本クヌギに於いても相性抜群!

軽量ボディに低排気量ターボエンジン搭載で、実用域に全振りした特性は、ホームストレートの加速やコーナーの立ち上がり加速などを見ても、S2000クラスを凌ぐどころかインプレッサと遜色ない辺りは驚異!

大きなサーキットでは後半の伸びで劣りそうですが、ミニサーキットやジムカーナには現在一押しの車種です。

今回、トップタイムを叩き出したのは、まつ王さんのスイフト・スポーツ。

33秒263を記録してC-Sクラスのレコードも更新となりました。

流石にこのクラスのタイムになると簡単に出せるタイムではありませんが、そのポテンシャルを見事に証明し、未だに一世代昔のスポーツカーが速いと信じる層に衝撃を与える結果となったのではないでしょうか(笑)

先行してSNSにリザルトを掲載した時点でも、かなり話題になっているようなので、今後のスズキ、そして他社のスポーツカーの主流がどう変わっていくのか気になるところですね。

 

こちらはjigakiさんのマシン。

ロードスターベースのライトウェイトスポーツ、アバルト・124スパイダー。

FFのスイフトに対してFRの駆動方式となりますが、エンジン特性は良く似ており、低速トルクを重視した車です。

まだ数回の参加となりますが、早くも34秒台前半を叩き出しているので、33秒台も射程圏内!ドライバー、車共に期待度大です。

唯一の弱点はお値段か!?

 

こちらも現行スイフト・スポーツでエントリーの黒っちさん。

34秒台後半と、自己ベスト更新はならず…、残念!

リアのみSタイヤ装着でC-Sクラスとなるのは少々酷なセッティングだったかもしれませんが、十分に上位を脅かしているのでなかなかの走りです。

最近はスイフトのエントリーが目立ってきたので、是非、我こそは!と言う方のご参加お待ちしております!

いよいよ発売されたトヨタのGRヤリスなども目を疑う様なスペックですし、コンパクトカーだからとナメていたら痛い目に遭いますよ!(笑)

■初参加のメンバー

今回、初参加は2名。

1人はRX-8でエントリーのJUNさんです。

フロントバンパーやホイールなど、印象はやや変わりましたが、実はこの車両、最近フェアレディZに乗り換えたMONOさんの元愛車。

つまり、車は過去にみなさんご覧になっているはずです!

既に何度かクヌギで練習走行はされている様ですが、本番はみんなの視線を浴びるタイムアタック。

そんな中、プレッシャーも感じさせぬ堂々とした走りで、初参加からいきなり35秒台前半を叩き出してくるのは恐れ入ります。

ジムカーナやミニサーキットには不向きと言われる車ですが、このタイムを見れば決して遅い車ではない事が十分にわかるかと…。

RX-8にお乗りの方は、是非是非!勇気を出してチャレンジしてみてください!

 

前回見学にお越し頂き、次は参加したい!…と元気よく飛び込んで来た増尾健太さんの86。

増尾さんがクヌギランナーの見学に来た切っ掛けが、なんと私が小・中学校で同級生だった友人の紹介と言う事で驚いたのですが、実はこの友人、全く車に興味のなかった当時の私を、この趣味へ引き込んだ張本人である…が、先にさっさとやめてしまっている(笑)

ちなみに、私の友人の知り合いであるばかりか、なんと常連のけいいちさんをご存知の様で、結構世間は狭いものだな…と。

初参加でしたが、それ程緊張はしていない様子で、タイムは振るわなかったけど楽しかった!とご満足頂けた様で安心しました!

速いのは理想。何よりまずは楽しく走って無事に帰る!それに尽きますね。

初参加のJUNさん、増尾さん、ご参加ありがとうございました!

是非、また遊びに来てください!


■久しぶりのエントリー!

こちらはWRXで久しぶりにエントリーのマコトさん。

直前でキャンセルが発生し、急遽飛び込みでの参加となっているため準備が不十分な様子。

タイヤが…(笑)

それでも久しぶりのクヌギ走行はやっぱり楽しかったのではないでしょうか?

タイムは35秒フラットと、リハビリとしてはまずまずの走りです。

インプレッサは多いですが、WRXが他にはいないので、是非レポートをご覧のWRX乗りのみなさん、クヌギランナーにご参加ください!

 

遂に車種別ランキングにMR-Sが!…と思いましたが、数年前にも一度ご参加頂いているかわさきさん。

かなりブランクがあるのか、一般走行枠で走られていたのか定かではありませんが、前回から2秒近くを更新して35秒台前半に!

ロードスターと同クラスと言うだけあって、やはり35秒台を狙えるポテンシャルは秘めている様で、この調子だと34秒台も難しくはなさそうな印象です。

意外にもクヌギにはエントリーが少ない車種ですので、車種別ランキングを狙うにも穴場の車種ですよ!

 

ここにもスイフト・スポーツが!!

久しぶりにエントリーのサイセイさんですが、なんとスリックタイヤで挑む!

ナンバー無しの競技専用車両ですが、魔改造はなく、至ってシンプルな軽量化などで仕上げられたライトチューンマシンです。

このモデルは現行と異なりターボモデルはなくNAエンジンとなるため、鋭い加速力はありません。

季節柄、高い路面温度を想定して耐久レース用の高温向けコンパウンドを選択してきたようですが、予想に反してなかなかタイヤが温まらなかった様子。

それでも36秒半を記録しているので、このクラスのスイフトでは結構速いですよ!

 

こちらも久しぶりにエントリーのsinsinさん。

名前は記憶にあるし、どこかで会ったような…?と思っていたら、以前はアルトワークスでエントリーされていた様で、車がカプチーノに変更となっています。

なかなか気合の入った仕様で、凹んだフェンダー、歪んだバンパー…やはり、若者はこうでなくては!(失礼)

タイムはどうでしょう?なかなかノーマルのカプチーノでエントリーされる方がいないので、比較データが少ないですが、同クラスとなる軽ターボのコペンやS660と比べてもまずまずの好記録ではないでしょうか。

36秒台も十分狙えそうなタイムなので、是非またリベンジに来てください!


■参加車両紹介

サキガケさん/S2000

けいいちさん/インプレッサ

からあげ君/RX-7

ユースケ/RX-8

だるまんさん/S2000

組長さん/86

ジャギ様/86

ウリさん/インプレッサ

芭蕉さん/ロードスター

のり@S660RAさん/S660

だるまさん/ビート

shyumarshallさん/S660

小林さん/S660

さわこさん/アルトワークス

Sッコロさん/S660

■リザルト

暑い中たくさんのご参加ありがとうございました!

なかなか新型コロナウイルスも終息せず、しばらくはマスク着用や同乗走行をなるべく控えて頂くなど、やや窮屈な思いをさせてしまいますが、いつも快くご協力頂きありがとうございます。

クヌギランナーでは台数も多く、イベント進行などもあるためなかなか一人一人とゆっくりお話しする機会がありませんが、少人数で集まる平日練習会を不定期で開催しておりますので、クヌギランナーのSNSやFacebookページも時々覗いてみてください!

運良く台風直撃を避けてのイベント開催となりましたが、今現在、このレポートの更新中にも異常な勢力で九州全域を襲う台風10号が北上中です。

幸いにも今のところ被害は出ていませんが、激しい雨や風など、とても外に出られる状況ではありません。

テレビやラジオのニュースをこまめに確認し、身の安全を最優先に行動してください!

次回の開催は少し涼しくなり始める10月中旬~下旬を予定しておりますので、また沢山のご参加よろしくお願いします。

尚、当日にお配りした参加賞は、イベント協賛の(有)木下部品様よりご提供頂いております。

大分市内で自動車部品や用品、工具などを販売している会社です。

上記のリンクからGoogleMapsで確認出来ますので、是非近くを通り掛かった際はお立ち寄りください。

イベントにご協力くださった一本クヌギ・スピードウェイ様、(有)木下部品様、ありがとうございました!

 

■イベント協賛

(敬称略 順不同)


関連記事