天気:晴れ
路面:ドライ
台数:25台

今年もスタートしました!
クヌギランナー2019第1戦です!

今年は受付開始から盛況で、2週間足らずで募集定員の上限に達して締め切りと言う事態に。

沢山のエントリー、ありがとうございます!

しかし、これだけ参加希望が多いと、もう少し時間割などを工夫して、上限台数を増やす事も視野に入れないといけませんね。

さて、本日のコンディションですが、開催日の前後は雨でしたが、またまたクヌギランナーは運が良い(笑)

若干風が冷たく、気温の上がらない一日でしたが、路面はバッチリ乾いて最高の日和でスタートとなりました。

■初参加のメンバー

最近ニッサン車が増えてきましたね♪

シルビアでエントリーの、いでさんです。

初参加にして35秒台を記録!

やや緊張もあったのか、オーバーの挙動が目立っていましたが、上手くねじ伏せて軽快に走られていました。

しかし、シルビアも結構古い車となりましたが、まだまだ現役で人気のある車種ですよね。

かなりくたびれた車も多いですが、なんと艶々で綺麗な車両でした!(笑)

大事にされているのが良くわかりますね。

同じく初参加で35秒台を叩き出してきたのが、インテグラTypeRでエントリーの、のりぞーさん!

FF vs FRと言ったところでしょうか。いでさんに僅かに及ばず…。

メジャーな車種の様に感じるのですが、どう言うわけかクヌギランナーには比較的少数派であるホンダのFFマシン。

その中でも、DC5は珍しいです。

今回は普段クヌギで見掛けない車種が勢揃いと言った感じで、バリエーションに色を添える1台となりました。

まだまだ2台とも、こんなもんじゃなさそうなので、次回以降の伸びに期待!

更に、まだまだ初参加の方がいますよー!

カプチーノでエントリーの、ちろるさん。

マットブラックにストライプのカラーリング、そしてGTウイングで武装!

小さくても迫力がありますね!

カプチーノの速さは折り紙付ですが、コイツを本気で走らせるには相応のテクニックと、何より勇気が要る…(笑)

しかし、臆する事無く見事な踏みっぷり!

初参加で36秒台を叩き出すと言う、ハイレベルな走りを見せてくれました。

今回はFFのエントリーが目立ちます。

初代ヴィッツでエントリーのHONDAさん。

HONDAさんですが、トヨタ車です(笑)

かわいらしい外観ですが、きびきびと走り回る姿はスポーツカーと遜色ない!

ナメていたらやられちゃいますよー!!

最近のヴィッツと比較しても、ボディサイズはかなり小さいんですね。

しかし、高速コーナーも安定感があり、インフィールドも動きは軽快です。

タイムの方は、37秒1と、惜しくも36秒台に届かず。

今回も積載車で登場した競技専用車両!

本日の車両はシビックです!ホンダ勢は元気が良い!!

「煩いですが、大丈夫ですかね?」と心配そうな藤本さん。

競技専用車両と言うだけあって、保安基準の制約は無いので直管です!(笑)

大迫力のサウンドで駆け回っていましたが、タイヤのコンパウンドを見誤ったか?

路面温度が低過ぎるのか、タイムアタックの限られた周回ではタイヤがグリップせずに、スピンをしてしまう場面も…。

次回以降、温かくなってから是非リベンジを!

HONDAさんとWエントリーのなおとさん。

カプチーノで出走予定でしたが、直前でマシントラブルに見舞われ、急遽ヴィッツで出走との事です。

FFとFRでは、結構違う!

実は私も今回、FFで出走したのですが、頭ではなんとなくわかっているつもりでも、体はFRのつもりで反応しちゃう。

慣れって結構重要な要素だったりします。

タイムの方は、やはりキツイか!?37秒に際どく届かず…。

次回はカプチーノをバッチリ修理してリベンジしてください!

■ハイパワーFFバトル!

注目のニューマシンですよ!

新型ホンダ・シビックTypeR!!これ、お高いんでしょう??

そのスペック、2Lターボ!320馬力!トルク40.8kgf-m!車重は1390kg!

そして何より驚くべきは、この常軌を逸したスペックで前輪二輪駆動(FF)だって事だ。

形なんて、もう飛行機みたいに、すっげー速そうなデザインだろう?

コイツを迎え撃つのは、マツダスピード・アクセラ!超安い!

スペックは負けず劣らず、2.3Lターボ!264馬力!トルク38.7kgf-m!車重は同じく1390kgと、若干数値的なスペックでは劣るが、サイズが少しコンパクトである点と、ぶつけても惜しくないと言う面でスペックは2割増しってところだ。

ちなみに、アクセラもこのヤバそうなスペックでFFである。

互角の勝負!

ハイパワーFFでは、やはり気になるのがトルクステア。

アクセルを大きく開けた際に、ハンドルを取られる、また、FRと異なりアンダーが出たらリペアが相当キツイと言う点では進入がシビア。

1本目のアタックではどう転んでもおかしくない接戦であったが、2本目のアタックでタイムを伸ばせず…。

対して、そうたさんは2本目で36秒台を達成!

その後、ピットではみんなに囲まれて大人気のシビックTypeR!

おかしいな、こっちには誰も見に来ないぜ…?う、うちのアクセラも見てくれよなっ!!

 

■ハイレベルな上位争い

今回の見どころは何と言っても上位3台の接戦ですが、Nameさんのカプチーノが2番手と言う驚きの結果が!

現状で公式ランキングの上位独占中の2台と互角に渡り合う「軽自動車」が存在すると言う事実に、クヌギを走っているKクラスのみなさんに希望の光が差し込む。

KクラスのトップであるNameさんが、今回のアタックで自身の記録を更新すると同時に、公式で分けてはいないがターボ車最速と言う二冠を達成!

文句なく、クヌギ最速のカプチーノとして君臨する事に。

今回トップだったのは、前回に続いてだるまんさんのS2000、そしてなんと3戦連続敗退となってしまった王者サキガケさんはNameさんに届かず3位と言う結果に。

しかも、絶好調だったからあげ君が、自己ベスト更新でサキガケさんのすぐ後ろに迫り、初戦からなかなか面白い展開になりました!

そして何より、停滞気味の常連さんとは裏腹に、若手のたいせーさんや、あさのさんも前回からタイムを更新しているので、回数を重ねる毎に常連さんもドキドキしてくるんじゃないでしょうか?(笑)

まだまだ今年は始まったばかり!年末までにどんな戦いが繰り広げられるのでしょうか!?

■参加車両紹介

からあげ君/RX-7

MONOさん/RX-8

マコトさん/WRX

けいいちさん/インプレッサ

組長さん/86

ウリさん/インプレッサ

やっさん/86

あさのさん/アルトワークス

だるまさん/ビート

54Gさん/GTO

shyumarshallさん/S660

のり@S660RAさん/S660

怪鳥さん/アルトワークス

たいせ~さん/アルトワークス

■リザルト

今回も沢山のご参加ありがとうございました!

次回は4月中旬を予定しております。

暖かく、走り易い季節になりますが、同時に雨の日も増えてくると思うので、タイヤの選択やマシンコントロールの技量が試される面白いシーズンとなってきます。

タイムは狙い難いとは言え、別の楽しさ、また、テクニックを磨くチャンスでもありますので、是非春から梅雨に掛けてのクヌギランナーもよろしくお願いします!

イベントにご協力くださった、一本クヌギスピードウェイ様、(有)木下部品様、ありがとうございました!

 

■イベント協賛

 

(敬称略 順不同)