一本クヌギスピードウェイ 公式タイムアタックランキング クヌギランナー
< id="pageTit">
#1858 返信

ユースケ@管理人
キーマスター

通常走行だけでは感じ難いかもしれませんが、エンジンフィーリングの違和感について。

OBDII端子からECUの制御を確認してみましたが、1・2速使用時にスロットル開度制限とブーストの立ち上がり遅延、最大過給圧の制限が見られます。
実際、直線加速に限定しても、2速と3速の加速感がほとんど変わらない。
ギア比を考慮すると、2速はもっとパンチのある加速感があっても良さそうだが、それが無いと言う事は、やはり制御でかなり抑えられている感じはします。

スロットルコントローラーとブーストコントローラーで補正出来る可能性もありますが、主流のECU書き換えの方が安上がりな印象です。

正確な情報が無かったので調べていたところ、マツダ技報にこの件について正式に発表されている様です。

1・2速ギア使用時のトルク制御と言う名目で、スロットル開度上限を低く設定、ブーストはウェーストゲートで過給圧を下げるとの事。
舵角については、ハンドルを45°以上切り込んだ際にトルクセーブが掛かる様です。

標準でサーキット走行した際に、2速コーナーリング時に遅れてブーストが立ち上がり、アンダーが出易いと言った印象を受けましたが、3速ではリニアにブーストが立ち上がる印象を受けます。

トルク自体がかなり大きいので、そもそも制御をしないとコントロールは困難と言う可能性もありますが、出力特性がリニアになれば予測は容易になる可能性はあります。

近日中にECU書き換えによる制限解除で、扱い易くなるのか、危険度が増すのか、レビューをしてみたいと思います。

スポンサー様・関連サイト

PR

PAGETOP
Copyright © KUNUGI RUNNER All Rights Reserved.